中国美術の魅力

中国美術品の歴史と日本への影響

中国美術品から受ける日本への影響

中国美術品から受ける日本への影響 中国美術品の絵画を目にするとわかりますが、西洋絵画とは全く異なる輪郭線や色彩における濃淡が表現されています。
表現の仕方が豊かであることから、精神性や思想といった目には見えない感覚的な点に関しても書き表されています。
こうした独特な世界観に多くの日本人が魅了され、中国絵画によって日本人の画家の技法が変化したとも言われているほどです。
実際に、重要文化財に選ばれた作品を手がけた画家も中国美術品の影響を受けていると公言しており、いかに大きな影響を与えているのかがわかります。
このように、遠く離れた地の中国美術品ですが日本人が強く魅了されて興味関心を抱くのは、魅力の本質を感じることができるセンスを持ちあわせているためです。
実際に、絵画を目にした人々は口々に懐かしさを感じるということを口にします。中国美術品はこのような絵画の他に、陶磁器も有名です。
陶磁器においては1万年を超える歴史があるとされており、新石器時代の段階で既に現代人が見ても実用性があるように感じられる土器が存在していました。
その後、戦国時代には副葬品としての役割が果たされており、実用品以外の観点でも人々に用いられていたのです。
これらは早い段階で日本に伝承されたと言われており、実際に化石も見つかっています。

中国美術品の歴史

中国美術品の歴史 中国4千年の歴史の中においてそれぞれの時代を象徴するような作品が中国美術品の中には存在します。
書画や絵画、陶磁器や銅器といったものはアジア全体の美術史の中でも大きな意味を持っていると言えます。
当然、近い距離に位置している日本にも大きな影響を与えており、日本美術史では随所に中国特有の特徴が見受けられます。
同時に技法やカルチャーも伝承されていることから、多くの日本人芸術家が中国美術の影響を受けています。
今日においては、中国美術が流行しており骨董品に精通していない方でも中国美術品に興味関心を抱くということが多くなってきています。ただし、以前よりも中国美術品に関する状況というのは悪くなってきています。
その理由は、中国の機関が1911年以前に製造された美術品や骨董品を輸出禁止にしたためです。
つまり、本場に買い付けに行ったとしても近年美術館や骨董市で手に入れた中国美術品に良品を期待することはできません。
一方、20年以上前に中国で手に入れた物や日本で代々大切に取り扱いされてきた品の中には銘品が隠れている可能性が高いです。
こうした銘品は、当時購入した価格よりも高額で取り引きされることが多く、希少価値が高まっています。

中国美術品に関する情報リンク

美術品オークションの日本窓口を行う会社のサイト

中国美術品

\n"; echo "\n"; echo "
\n"; $q =urlencode($q); $str = file_get_contents('http://realtime.search.yahoo.co.jp/search?p='.$q); if (preg_match('!TS2bh end-->\s*(.*)/#TSm -->!s', $str, $res)){ print $res[1]; } echo "
\n"; echo ""; ?>